本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは

からだ・はうす独自のリフレクソロジーポイント

〇リフレクソロジーのダイエットポイント

今日のリフレクのスクールでの1こま。
生徒「親指の大脳の反射区を刺激すると頭が良くなるのですか」
私「確かに親指の先端のふくらみは、大脳の反射区ですから、大脳の働きが活性化され、脳細胞の活動が活発になります。」

でも親指の反射区の働きはそれだけではありません。大脳の反射区の真ん中には、脳下垂体の反射区があって、ここは女性ホルモンの分泌を調整する場所ですので、女性的なやわらかい身体を作ったり、女性的な感性を育てるのにも役にたちます。

そして私が発見した最大のお勧めは、過食症を抑えるポイント。
そこは、生徒の中に過食症で悩んでいる人(といっても一度にジャンボ・シュークリームを10個食べたとか自慢しているのですが。)がいたので探してみました。
やはりありました。そこを押すと彼女は顔色を変えて痛がるのです。


彼女だけでなく過食気味の人やストレスがあると食べ過ぎる人も皆さん痛がります。
そこは脳幹にある食欲を調整するポイントなのでした。
ここを押すことによって、過剰な食欲を抑えることに役立つようです。
場所は親指の第2指よりの側面、爪の生え際からやや斜め下にくだったところです。
押す方向は、指の中心からやや指の第1関節の側面に向かっておしますここは胃腸の反射区というよりも、過剰な食欲を抑制し、胃腸の働きを調整する反射区のようです。

ダイェットを目指すなら、同時に胃腸の反射区と腎臓の反射区も使用します。
また精神的なストレスで生活が乱れやすい人や、感情的になりやすい人は内くるぶしの下にある子宮・卵巣の反射区も同時に取ってみてください。
女性の身体や感情的な部分は生理機能と直結していますので、大切なポイントです。

〇目がよくなるリフレクソロジーポイント

目がよくなるポイント。

最近は少なくなりましたが、昔は外反母趾の女性が多く、皆さん肩こりや頭痛に悩まされていたものでした。外反母趾になると親指の側面が圧迫されますが、ここは首の反射区でありますのでここが圧迫されると、脳に流れ込む血液の循環が阻害され、大脳の働きが悪くなります。

また親指の側面(第2指側)は視神経や、視床などの感覚的な情報を理性的に処理する働きとも深く関係していますので、この働きが悪くなると視力がよわってきますし、情報の処理能力が低下してきます。
ゲームなどで目がつかれている子供に試してごらんなさい。
大騒ぎをして逃げていきますよ。

それから、お母さんに一言お願いです。
子供には、あまり小さい靴を履かせないようにしてください。
子供の足は、常に身体とともに成長しています。

足に小さい靴を、長い時間履かせていると、足の反射区が圧迫されて、身体自体の機能も低下してきます。
頭のいい子に育てるためには、素足でのびのびとさせましょう。
そして子供の足全体を広げるようにしてゆっくりマッサージしてあげてください。




〇根気が出るリフレクポイント

本日は、出社拒否、登校拒否になりそうなあなたに送る根性の出るつぼ。
まず元気が出ない。やる気が出ないときに、身体の状態をどう考えるか。
このとき役に立つのが、日本伝統的なことわざや言い回し。
日本語には人の感情と身体の関係性を、巧みに表現した言葉があります。これが役に立つのです。

やる気がない時やいやな出来事に出会った時に、よく『腰がひける』という言葉をつかいます。
このとき腰は肉体的な腰だけでなく、全身の気の流れを束ねる経絡である『帯脈』と自然界から人間が育つ生命力をもらう『命門』と呼ばれる丹田の機能を含んでいます。

つまり感情的に嫌な気分がする時や、やる気がない時は、『帯脈』の気が弱り、全身の気の流れが乱れてしまい、身体の働きに統一性がなくなりますので自分の思うように身体が、動かなくなります。
また『命門』の働きが閉じてしまいますので、人は自然界から受けるエネルギーが減少して身体がだるくなります。

そこでやる気の出るポイント大公開!
踵から土踏まずに向けてなだらかに下っていますが、踵の中心、つまり足の横幅の真ん中から土踏まずに向けてややくだった所(踵の終わりから土踏まずに向けて1cmぐらい)そこを棒などを使って深く押します。
奥に硬いしこりがあるはずです。

またあわせて、人の感情や行動をつかさどる脳幹、小脳、中脳のポイントもとります。
場所は、親指の内側(第2指の反対側)の側面、第1指の基節骨の中央です。
つまり親指の指先にアル間接の側面から1cmほど下です。


TOPIC2 リフレクソロジー(足裏マッサージ)セルフケア


鹿児島のシャプラの施術の様子です

        
アロマテラピー  フェイシャル    リンパ      リフレクソロジー  デトックス


ナビゲーション