本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは

リフレクソロジーは反射区療法

〇リフレクソロジーは反射区療法


日本では、リフレクソロジーのことを足裏マッサージや足つぼという名前で呼ぶ事があります。
足裏をマッサージするという意味においてはまさしくそうではありますが、リフレクソロジーの基本は、足裏にある内臓や神経の反射区をその目的に合わせて刺激する事ですので、普通のマッサージとは異なります。

この反射区という意味を説明しましょう。
人間の体は骨格を基本として筋肉や表皮で構成され、内臓や神経、血液の循環によって活動していますが、これらのものは個別に存在するのではなく有機的につながり、お互いが影響を及ぼしあっています。
その為、手掌や足裏等の体の特定部位には全身の器官に何らかの形でつながり影響を与えている反射区というものが体の配置と対応するような場所に整然と並んで存在していると言われています。

もちろん、この反射区というものは、長い歴史の中で土踏まずを押したら胃がすっきりしたとか、親指を揉んだら頭痛がとれたとかいうように、多くの人々の経験を積み重ねて少しずつ形になってきたもので、最初から反射区という考え方があった訳ではありません。

ただ、多くの人々に共通する現象として、胃腸が痛い時や弱っている時には、土踏まずのあたりに固いしこりができたり、また反対にぶよぶよして柔らかすぎたり、少し触っただけでも痛かったりというような、通常の皮膚の状態とは異なるような状態になることがあります。

しかしながらその部位をマッサージしたり、刺激を与えたりする事によって、しこりがなくなったり、ぶよぶよしていた皮膚がしっかりとした皮膚に変わってきます。
そうすると不思議にも胃腸の痛みがとれたり、胃腸の働きが正常になってくることが多いようです。

もちろん、足の裏にある土踏まずと胃腸そのものがどのような経路でつながって影響を及ぼしあっているかは完全に解明できていません。
ただ、特定の場所に刺激を与えれば、特定の臓器に影響を与えるということです。

刺激によっては悪い影響を与えることもあります。
先のとがった細い靴を長い時間はいていると親指が変形してきます。
親指は首や脳神経と関係していますから、そのような状態では、首や脳神経に悪い影響が与えられ、頭痛やめまい、首や肩のこりなどを慢性的に引き起こす原因にもなってしまいます。

リフレクソロジーは、常日頃から体を支え、歩行するという困難な仕事の中で疲労し緊張した足をゆっくりと揉みほぐしながら、足を本来あるべき軟らかい足へと変えてゆく手助けをします。
そして生きていく上で必ず経験するストレスによって病んだ内臓などの各器官の働きを、反射区を刺激する事で元気な状態に戻してあげるとてもよい方法です。

 

〇足は第2の心臓ー足のマッサージで血液循環を良くする

足は第2の心臓と言われ、体全体のの血液循環を促進します。
これもリフレクソロジーの大切な効果ですので、解説しておきましょう。

良く皆さんが言われる言葉に「脚は第2の心臓」という言葉があります。
この言葉の意味を考えたいと思います。
まず「心臓」の役割は、体全体に血液をおくることですね
血液は、心臓のポンプ機能によって、心臓から押し出され、動脈血として体全体にめぐっていきます。

この動脈血は新鮮な酸素や栄養に満ちた血液です。
そして末梢にある毛細血管で、細胞との間で物質交換を行います。
物質交換を終えた血液は、静脈血と呼ばれ、末梢にある毛細血管から集められ、心臓に帰っていきます。
この時、心臓に帰る血液は、手足の筋肉の動きによって、末梢から少しずつ押し上げられ、心臓まで戻ります。
特に脚の筋肉には、かなりの量の静脈血が含まれますので、脚の筋肉が動くことによって大量の血液が、心臓に帰っていくことになります

そのプロセスについてもう少し説明します
まず足が歩いたり動いたりすることによって、脚の筋肉が収縮(縮む)します。
するとその筋肉の中にあった血管が、グーと押されるので、血液が血管の上の方に押し上げられます。
静脈血管の中には、弁がついていて、下から押し上げられる血液は上に行きますが、上の血液が下に下がることはありません。
筋肉が収縮して、血液が上に押し上げられた後、筋肉が伸び、血管に余裕ができると、股下の血管から、血液が流れ込んでくるのです。

この脚の筋肉が動くことによって、血液の循環が促進されることを、「ミルキングアクション」と呼びます。
脚が「第2の心臓」という事は、この機能によって血液の循環が良くなることを指していったものです。

そうすると、ずっと座り仕事などで、脚を動かすことが少ない人たちは、運動不足になります。すると当然この「ミルキングアクション」が起こりませんから、血液の循環が悪くなり、足は、むくみだるくなります。
また新鮮な血液が脚に十分に循環されないことで、新鮮な酸素不足になり代謝が悪くなります。すると冷え症が起こります。

深刻な事態としては、お年を召した方が、脚の骨折などで入院されると、脚をほとんど動かさなくなり、全身の血液循環が悪化しますので、急に老化が進んだりします。
リフレクソロジーは、足裏や脚全体のマッサージを行う事で、脚のミルキングアクションを助け、全身の血液循環を助けます


鹿児島のシャプラの施術の様子です

        
アロマテラピー  フェイシャル    リンパ      リフレクソロジー  デトックス


ナビゲーション