本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史

シャプラは、7年前からアロマテラピーの専門店として、鹿児島の人々にアロマテラピーを提供してきました。
今回はアロマテラピーの基本や効果、精油の特徴についてご説明したいと思います。

まずアロマテラピーは、香りを用いる施術であること。
この香りの使用法に対しては、2通りの使用法があります。
一つは、アロマテラピーの精油のにおいを吸入することで感情の癒しやリラクゼーションを行う方法です。
この方法は、吸入された香りによって脳神経が安らぎ、副交感神経が優位になって心も体もリラックスしていきます。

もう一つは、精油をホホバオイルで希釈して、お体のマッサージを行う方法です。
私たちはこの、オイルを使用したマッサージを長い間行ってきました。
この方法では、様々な効果や働きを持つ精油を、相手の症状に合わせて選択することにより、相手の症状の緩和を図るとともに、自律神経や内臓の働きを活性化させます。

またお体をマッサージ(トリートメント)することにより、お体の筋肉のコリをほぐし血液の循環を良くすることもできます。
お体は、疲労物質を速やかに排出し疲労の回復を図りますし、脳神経には快楽物質と呼ばれるドパーミンやエンドルフィンと呼ばれるものが多く分泌されますので、ストレスや精神的な苦痛が癒され、感情も穏やかになってきます。

海外から日本に入ってきたアロマテラピー

アロマテラピーは主に、フランスやイギリスを中心として行われていた施術で、医療の一部として行われていました。
主にアロマテラピーのトリートメントは2つの流れを持っています。
一つはホテルなどの高級SPAなどでリラックスや美容のために用いられるアロマテラピーです。
この流れでは、紫外線などで傷んだお肌を修復し美肌効果をもたらすことと、精神的・肉体的疲労をアロマテラピーの香りとやわらかいトリートメントで癒すことが目的でした。

アロマテラピーが日本に初めて紹介されたときは、主にエステのお店で、美肌効果があるという理由でアロマテラピーが大きく取り上げられ、エステのイメージとともに広まってきました。
そのために今でも、アロマテラピーは、女性がエステで行う美容のためのものと考えている男性の方がたくさんいます。

もう一つの流れは、アロマテラピーは、スポーツ競技をおこなうアスリート達の中で広がりました。
それは、もともとこのアロマテラピーは、関節や筋肉のけがや障害の回復のために用いられていたオイルマッサージがもととなっていますので、練習中に筋肉や関節を痛めた選手たちが、アロマテラピーによりけがの改善を図ったり、自分の運動能力を高め、けがの予防を行うために行っていました。

私たちは、このアロマテラピーの効果に着目し、日本でアロマテラピーが流行する以前から、アロマテラピーの施術や効果を自分たちに考え作り上げてきたのです。

私たちの、アロマテラピーは、スポーツ選手のけがの改善や予防を行うために、筋肉のコリに対してしっかりと働きかけていきます。
そのことが通常の肩こりや腰痛、体のだるさに対してもおおきな効果を生み出す理由です。
私たちのアロマテラピーは、男性に対しても女性に対しても、筋肉のコリをほぐし関節の働きを良くするという意味で、肩こりや腰痛に対する非常にベストな施術法として、成長してきました。



アロマテラピーという言葉

アロマテラピーという言葉はフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォッセ氏の造語でアロマは芳香、テラピーは療法という意味です。
しかし植物からとられた香りを使用して体の健康を保ったり気分をリフレッシュさせる方法はヨーロッパではかなり古くから行われており、16〜17世紀には、ペストやコレラの感染予防に活躍しました。
またそれ以前もエジプトのクレオパトラ女王や歴代の女王達も花から採取された精油を使用して、自分自身を魅力的に演出したり、傷ついた心をいやしていたようです

お客様の感想から
アロマテラピー60分のコースをお願いしましたが疲れているところをしっかりマッサージして頂いたので大変満足しました
アロマのコースは気持ち良いが物足りないと感じることが多いのですがこちらではしっかり力を調節してくださったので疲れが取れました
又、機会があれば伺いたいです



TOPIC4 アロマテラピーの基礎知識

鹿児島のシャプラの施術の様子です


ナビゲーション