本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは

 5エレメント・アロマテラピー(オイル・マッサージ

PART1 体質を見極めたオイル・マッサージ


私達が、鹿児島市にからだ・はうすを設立した18年前は、まだアロマテラピーという言葉は一般的ではなくハーブという言葉がようやくささやかれ始め、皆さまが、ハーブ(有用植物)に対して、関心を持ち始めたころです。

私達は、アロマテラピーやオイルマッサージを知ってもらうために努力を重ねてきました。
そして、日本人の体質に合わせたマッサージを作り上げるために、肩こりや腰痛などの筋肉のこりをほぐしたり、体のだるさを取るような手技を開発したり、PCなどを多用する現代人にとって効果的な施術は何か、という事にも工夫を重ねてきました。

そして2011年、新しく「5エレメント・アロマテラピー」という新しいセラピーを開発するに至ったのです。
これは今まで、お客様の個別の症状に対して、精油を調合するという方法から、お客様の体質を東洋医学の5行思想に当てはめ、どのような体質であるかという事を見極め体質を改善するためのトリートメントを行う、という方法です

人の気の流れ等にも思いを寄せ、よりトータルな健康を実現していただくアロマテラピー。
対処療法的な施術から、病気にならないような体質つくりを目指したアロマテラピーをおこないます
これが、今鹿児島の「からだ・はうす」グル―プ全店で取り組んでいる「5エレメント・アロマテラピー」なのです
すでに、からだ・はうすにご来店された事がある方は、経験済みでしょうね
それでは次回から、このセラピーに関して詳しくご説明いたします。

お客様の感想から

S様より感想を頂きました ありがとうございます。今回、初めて5エレメントアロマテラピーを体験しましたが、びっくりしたのが花粉症で悩まされている鼻水が施術中に止まっていたのです
金という精油は、呼吸器系のトラブルにいい精油だとか、本当に自分の体質に合った精油なんだと実感しました。
また、利用させていただきます


PART2 5エレメント・・東洋医学的アロマテラピー


アロマテラピーに東洋医学的な思想を持ち込むことにより予防医学の質を高めます
現在のアロマテラピーは、人の体や心に現れた症状に対して、有効な精油をブレンドするといった対処療法的な使用法が通常行われています。
これは、アロマテラピーがヨーロッパの西洋医学のもとで発展してきた歴史を考えれば、当然のことではあります。

しかしながら、アロマテラピーが予防医学的な側面を持つとするならば、クライアントの現在あらわれている症状だけを考慮するのではなく、クライアントの体質や気質を考えて、その体質・気質に働きかけるアロマテラピーを行う事もできます
今回考案された「5エレメント・アロマテラピー」は、東洋医学の5行思想という枠組みを借りて、クライアントの体質を見極めていきます。


人間の心と体、気と体は目には見えませんが密接に絡み合い、一つの体の中で様々な作用をもたらしながら運用されています。
時として、人は5行に表されるエネルギーののバランスを崩し、特定の要素が強くなったり、あるいは弱くなったりしながら生きています。

たとえば、土の要素が弱くなると、土に関連する働きである消化吸収と栄養物を作る働きが弱くなります。
すると人間は消化不良をおこしたりや胃腸の痛みをかんじたりします。
もしくは精神的に不安やストレスを抱え込んでしまうでしょう。

このような時、人はいくつかの特定の行動を行います。
病院に行って診断を受け、薬などを処方してもらうか、マッサージや漢方薬、あるいはリラクゼーションといった東洋医学的なアプローチを試みるかです。
人は病気を治す時に、その痛みが治まればよい、と考える人と、痛みを出している原因を突き止め、それを改善したいと考える人がいます。

上記の人の場合であれば、土の要素を強化するための精油を使用してアロマテラピーを行うことで、胃腸の働きが改善されたり精神的な不安が解消されたりします。
もちろん、最も大切なことは土の要素が強まり全体のバランスが改善され、その人の中において5つの要素が調和がとれた状態となることです。

この「5エレメント・アロマテラピー」は、自分の体の痛みや症状に対して、東洋医学的なアプローチを求める人、体の痛みを出している原因を改善しようと考えている人にとっては、とても有効な方法となるでしょう。
私達にとっても店舗に継続的に通ってくださり、体質改善を図りたいという人達の思いにこたえることができるセラピーとなることでしょう






このページの先頭へ

ナビゲーション