本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせは

リンパ・マッサージ・セルフケア1 鹿児島

リンパマッサージで自分磨き1 セルフエステできれいになりましょう


シャプラ・サンロイヤルではリンパマッサージが大人気ですが、このリンパ・マッサージはご自分でもご自宅で行うことができます。
シャプラ・サンロイヤルでは、リンパ・マッサージのセルフ・ケアとその理論についてご紹介します。
リンパ・マッサージは、体のむくみをとってスリムになることもできますし、お体の疲労を癒し、元気になることもできます。



〇リンパの意味

さて第1回は、リンパ・マッサージのリンパって何?というところから始めましょう。リンパ(lymphe)という言葉は、もともと英語の「泉」「清水の流れ」という意味。
これがギリシャ語までさかのぼると「泉の女神」という意味をもつそうです。
とてもいい感じですね、リンパマッサージで「女神」のように美しくなりましょうね。

さてこのリンパの内容を説明しましょう。
リンパはまず、組織液としてのリンパ液、リンパ液が流れるリンパ管、そして、リンパ管の集合場所にあるリンパ節から成り立っています。

〇リンパ液

リンパ液とは細胞間液のことで、毛細血管からしみ出した血漿(けっしょう)がリンパ管に入り込んだものです。
主な成分は、リンパ球や白血球で、古い細胞や血液のかけらなどの老廃物や脂肪を運び、やがて血液と合流し尿として体外へ排出されていきます。

**リンパ液が運ぶものは次のものです。
細胞分裂を終え死んだ細胞、 生命活動である「代謝」の際に出てくる老廃物
タンパク質 体内で利用されなかった余分な糖分や脂肪
体にとって有害な化学物質   細菌・ウィルス  運動などで生まれる疲労物質(乳酸)

〇リンパ管

リンパ液の通る管です。リンパ管の70%は皮膚組織を通っており、静脈と平行して体のいたるところに張り巡らされています。
この管が全身から、リンパ液を集めて、リンパ節を通り、静脈まで運びます。
このリンパ管の中のリンパ液は通常は、筋肉が動く時に下から押し出されていくように動きます。
もし運動不足になると、リンパ液の循環が悪くなりますので、マッサージなどを行って、リンパ液の循環を良くしてあげる必要があります。

〇リンパ節

リンパ液の中継基地。全身で600から800箇所あるといわれています。
微生物や老廃物のろ過をするほか、抗体を産出する場所でもあり、免疫機能で重要な役割を担っています。
特に大切なリンパ節、鎖骨下リンパ節や鼠蹊部リンパ節などです。
リンパマッサージを行うときは、このリンパ節に向かって、リンパ液を流し込むようにマッサージをしていくことが大切なポイントです。






TOPIC1 リンパマッサージ・セルフケア リンパマッサージで自分磨き



鹿児島のシャプラの施術の様子です


        
アロマテラピー  フェイシャル    リンパ      リフレクソロジー  デトックス


ナビゲーション